パタゴニアのナノエアフーディのレビュー記事になります、これから購入を検討している方への参考になればと思いレビュー記事を書きたいと思います!

私は、冬の期間は、よく冬山登山を行うことが多いです。その環境はとても過酷で、初冬の時期でもよく事故が起き、厳冬期となるとマイナス20度はくだらないような環境になります。しかし、その環境下でも、人間は運動をすると汗を掻いていきます。そういった環境の中では、汗を掻くということがそのまま命に関わることになります。なぜなら、掻いた汗はすぐに冷やされて、ガチガチに凍ってしまい、すぐに体温を奪っていってしまうからです。なので、冬山では汗をかかないということが鉄則になります。そのために、これまでは、薄手のウェアを重ね着をしていき、寒くなったら着て、暑くなったら脱いでということを繰り返していました。しかしそれは非常に煩わしい作業で、時と場合によっては、脱ぎ着もできないこともあります。そんなときは、もともと薄手な格好で耐えながら登るか、汗冷えを我慢するしかありませんでした。

ナノエア・フーディのコンセプトは常に着続けること

そんな環境の中で、非常に役に立っているのが、パタゴニア社のナノエアフーディです。この商品の製品コンセプトは「常に着続ける」です。この商品が、他と違う点は、温かい化繊の綿が入っているにもかかわらず、非常に透湿性が高い点にあります。これまで他のメーカーでは、化繊の綿の商品を作る際は、プリマロフト社の化繊綿を入れるのが主流でした。しかしパタゴニアはこの商品を作るにあたって、自社で新たな抜けの良い素材を開発し、使用したようです。外の生地も非常にストレッチ性があり、また汗抜けもよく、着心地も抜群に良いです。初めて袖を通したときは、その暖かさに驚き、しかしながら、歩いていてもほとんど汗をかかずに、脱ぎ着をする機会が格段に減ったことに大変驚きました。

ナノエア・フーディは抜群に着心地が良い

また、とにかく着心地が抜群に良いことも特徴の1つです。私が感じたのは「おばあちゃん家のはんてん」のようなホッとする暖かさと着心地を感じました。常に着続けるというコンセプトは街着として着用する際にも大いに当てはまるようで、一旦ハマってしまうと冬の間常にこればかりを着てしまうようになっていました。

ナノエア・フーディのデメリットは?

デメリットを挙げるとすれば、それはハードな運動、私でいうと冬山でのラッセル(深い雪を全身でかき分けながら進んでいくこと)や厳しい登攀(アイスクライミングなど)、そしてバックカントリースノーボードのときのハイクアップを行う際には、少し暑すぎると感じる点でした。これは人それぞれの感じ方にもよるとは思いますが、この商品自体のプロモーション映像でも厳しい登攀の部分もあったためにもう少し薄く、作っても良かったのではないかと感じています。

実はこの商品の改良版として、ナノエア・ライト・フーディという商品が販売されていますが、これはフルジップではなく、上半部分のみのいわゆる、かぶりタイプの服になっています。確かに脱ぎ着を減らす想定なら、フルジップである必要はないとも考えられるのですが、アウトドア用品を街着としても兼用したい私からすると、非常に使い勝手の悪いものになってしまっています。

理想はナノエア・ライト・フーディのフルジップ!

そこで感じた改善案としては、フルジップタイプのナノエアフーディで薄さは少し薄くしたナノエアライトフーディ程度のものができると、より多くのアクティビティで使用が可能になり、より着続けるというコンセプトに近づくのではないかと感じています。さらに街着としても多くのシーズンで使用することが可能になるので、良いのではないかと感じます。

ネットでの口コミ

多くのネットでの口コミを見ても、ちょうどよいと感じている人もいれば、暑すぎると感じている人もいるようで、結局の所は、ある程度その人自身のどこまでを許容するのかという部分も出てくるようだが、多くの人に当てはまるベーシックな商品としては、非常にオススメしたい一品です。