2016年~日本でも人気が出てきたフルフェイス型シュノーケルマスクをご存知でしょうか?従来の水中マスクとシュノーケルのセットよりかなり快適に使用出来るようです!そこで口コミやフルフェイス型のメリットデメリットなど調べてみました。

フルフェイス型のメリットとデメリット

フルフェイス型のシュノーケルのメリットとデメリットをあげたいと思います、メリットの方が大きいと思いますがデメリットの中にこれだけは妥協できない項目がある方は諦めた方が良いかと思います。目立つのが恥ずかしい人なんかはちょっと抵抗があるかもしれませんね。

メリット

  • ずっと顔を水に浸けていられる
  • シュノーケルを口にくわえる必要が無い
  • ゴムの味が苦手な人には最適
  • 口からも鼻からも呼吸ができるので呼吸が苦手だった人には嬉しい
  • マスクのレンズサイズが広いので視野を広くとれる
  • コスパが高い
  • 顔に当たる部分はシリコンゴム製なので、フィット感がよくて水の侵入も少なくて済む
  • 装着するのが楽
  • 口に咥える必要が無いので衛生的
  • マスクをかぶったままでも喋れる
  • シュノーケルと違い口が疲れることがない
  • GoProの取付が出来る(一部商品)
  • 小さくて軽量
  • 浸水防止弁が付いているので波をかぶっても大丈夫
  • 光の取り込みが多いので明るく見える
  • 初心者や子供に最適なマスク
  • 見た目が最先端ぽくてカッコイイ

 

デメリット

  • 本格的な水中ダイビングでの使用は不向き
  • 顔全体に圧がかかるので圧迫感がある
  • 見た目がカッコワルイ
  • 使っている人が少ないので目立つ
フルフェイス型を購入する人が本格的ではなくアウトドアのちょっとした遊びと考えて購入する人が多く、大きなデメリットを上げる人はほとんどいませんでした。従来のマスク・シュノーケルよりも機能的に優れているようですね。近い将来本格的な水中ダイビングでも使われるようになるのではないでしょうか?

 

2018〜2019年最新型の商品紹介

以前の記事ではフルフェイス型のシュノーケルをタイプ別に紹介していたのですが現在はどこのメーカーもスポーツカメラ装着可能になりサイズも男性、女性、子供用の設定があり、広角を売りにしていたシュノーケルマスクも限界の180°のものが多くなりました。

価格も1,000円代で買えるものから40,000円のものまでと価格帯が広いです、安いから性能が悪いという訳ではないのでレビューを参考におすすめを紹介していきたいと思います。

管理人的には高いものは買わなくて良いと思います。性能に価格ほどの違いはありません。

1スポーツカメラ(GoPro)が可能なフルフェイス型シュノーケル

最近はSNSなどに動画をアップすることが容易になり、商品紹介をしている動画も多数あります。そんな動画をGoProを使って楽に撮ることができるモデルを紹介します。どれも口コミで評価が高いので安心して購入できると思います。

2子供用専用設計のフルフェイス型シュノーケル

子供専用設計のフルフェイス型シュノーケルになります、大人よりも水に顔を付けられない子供の方が需要があるかもしれませんね!

 

3見た目も大事!外観がカッコ良いフルフェイス型シュノーケル

やっぱり見た目もカッコ良いものがいいですよね、ブラックを基調としたオススメのフルフェイス型シュノーケルです

 

フルフェイス型シュノーケル使用動画

最後にフルフェイス型シュノーケルの動画を紹介します、使い方がいまいちわからない人や興味がある人はご覧ください。YouTubeで動画を探すと評価が悪い動画が多いですが、フルフェイスマスクは毎年悪いところを改善して最新モデルを出すので、悪いところが改善されている商品もあります。動画を見ると浸水して使い物にならないケースが多いですが、amazonからの購入であれば商品交換や返品にも対応してくれるので安心してください。

こちらの動画で使われているシュノーケルマスクはこちらですね

この動画で使われているシュノーケルマスクはこちらですね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事