PRO TREK「WSD-F20」

2017年4月21日発売予定!

WSD-F20

4月9日現在Amazonでの価格49,561円

2016年に発売したスマートウォッチWSD-F10の後継モデルで新たにPRO TREKの名前が付いたアウトドア色の強いデザインに生まれ変わり機能も進化しました。

前モデルのWSD-F10が70,000円(税抜)で発売したのに対し51,000円(税抜)と19,000円も安くなっています。

スマートウォッチというとバッテリーの減りが心配になりますが、付属のUSB充電ケーブルでモバイルバッテリーからの充電が可能なので、バッテリーが無くなっても充電して使用する事ができます。

主な特徴

低消費電力GPS搭載

衛星3測位(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS* 日本のみちびき)に対応。
安定した位置情報の受信に加え、 現在地をフルカラー地図で表示。 

* 対応予定

オフライン対応カラー地図

世界各国の地図情報を提供する Mapbox社との提携により、 地図データのダウンロードに対応*
携帯電波の圏外などでスマートフォンが オフラインになった場合でも カラー地図を 表示できます。
内蔵のGPS機能と連動し、位置情報を表示します。

* 事前に行き先のエリアの地図をダウンロードし、現地でオフラインで使えるカラー地図を採用。

二層液晶ディスプレイ

モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造のディスプレイを搭載。
モノクロ液晶で時刻を常時表示し、カラー液晶で地図や計測情報、アプリを表示。
2つの液晶を使い分けることで、シーンに応じて、常に優れた視認性をキープします。

5気圧防水構造

防水マイクを搭載しながら、5気圧防水構造を実現。登山中に突然の雨に見舞われたり、サイクリング中に汗をかいたり、釣りやカヤックで水しぶきをあびたりなど、様々なアウトドアシーンに対応します。

MIL STANDARD準拠

米国国防総省が規定する耐久試験MIL-STD-810Gに準拠した耐環境性能を実現。落下や振動など、様々な環境下において正常に作動することを確認し、アウトドアでのタフなニーズにお応えします。

仕様

GPS:衛星3測位(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、 日本のみちびき)

カラー 地図機能:搭載 (オフライン対応)

OS:Android Wear 2.0

ディス プレイ:1.32インチ 2層構造、カラーTFT液晶+モノクロ液晶、カラー320×300 ピクセル

タッチ パネル:静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)

防水性能:5気圧

耐環境 性能:MIL-STD-810G (米国防総省が制定した米軍の物資調達規格)準拠

センサー:圧力(気圧/高度)センサー、 加速度センサー、 ジャイロセンサー、 方位(磁気)センサー

マイクロ フォン:有

バイブ レーター:有

バッテリー:リチウムイオン電池

無線:Bluetooth® V4.1 (Low Energy 対応)、Wi-Fi (IEEE802.11 b/g/n)

充電方式:マグネット圧着式充電端子

充電時間:常温で約2時間

電池寿命:通常使用: 約1日以上(使用環境によって変動します)時計のみ (タイムピースモード): 約1ヶ月以上(使用環境によって変動します)

本体 サイズ:約 61.7 × 57.7 × 15.3 mm (ボディ部分の縦 × 横 × 厚さ)

質量:約 92 g (バンド含む)

動画


カッコイイですね~、スマートウォッチはバッテリーが切れたら使えない、スマホや専用GPSがあれば後はタフな時計があれば良いと思っていましたが、このデザインでこの機能は使ってみたいですね~、なんか持っているだけでテンションが上がりそう、普段に使う時計としても使えますよ!むしろ私的には山では無く普段使いしたい(笑)価格も定価よりは安く買えるでしょうから十分射程内です!発売が待ち遠しい。

その他商品紹介記事はこちらのカテゴリー一覧からどうぞ

Sponsor Link