今月の岳人の特集は「アンダー1000」

標高が1000m以下の山の魅力を紹介しています

標高が低いからこそ見れる景色、出会える植物、歩ける岩の稜線など魅力あふれる記事内容になっています。

岳人 4月15日

■特集
[巻頭エッセイ] 私のアンダー1000 六甲山 / 辰野 勇
岩のアンダー1000 縫道石山(下北半島)、拇指嶽(小豆島)、雪彦山(兵庫県播磨)
森のアンダー1000 庄部谷山(野坂山地)、モッチョム岳(屋久島)、礼文岳(北海道)
花のアンダー1000 鎌倉山(二口山塊)、坂戸山(越後)、井原山から雷山(脊振山地)
絶景のアンダー1000 元越山(大分県)、曽爾高原・亀山(奈良県)、ミツバ岳(丹沢)
『日本名山図会』に見るアンダー1000
アンダー1000に魅せられて / 中村 みつを
名前のない山 地図にない山に登る
「アンダー1000の山脈 櫛形山脈、和泉山脈、長峰山脈

出典:モンベル

 

Sponsor Link